ギターをはじめよう!

ストロークとパワーコード

ストロークとパワーコード

ギターのストロークにはダウンストロークとアップストロークがあります。

ダウンストロークは振り下ろすようなモーションで弦をかき鳴らすことで、アップストロークは振り上げるようなモーションで弦をかき鳴らすことです。

コツは手首をしならせて力を抜くことです。これは全般共通ですね!そしてなるべく大きなモーションで振り抜いてください。

ストロークはピックが弦に当たる角度によっても音が変わったりしますので、まずはガチガチにこうやる!って決めないで、力を抜くことに留意して本格的なフォーム決めは理想の音が定まってからでいい気がします。

んでまずは馴れろってことで通常のコードをパワーコードに変換してみてストロークの練習をしてみます。

パワーコードについてはこちらを参照ください。

ダウンストロークのみで練習

×マークは鳴らさない弦ですが、現時点では鳴らさないことよりも、ストロークに意識をもっていって下さい。

ダウンストロークとアップストロークを交互

ダウンストロークとアップストロークを交互に行うことをオルタネイトストロークといいます。ストロークの基本はオルタネイトストロークなので一定の腕の振りでストロークを行えるように心がけましょう。

空振りを交えてアップストローク

各コードの3音目のダウンストロークを空振りしてアップストロークを強化します。普通はアップストロークの方がやりにくいですからね。

空振りを交えて複雑なリズムに挑戦

空振りの位置をずらして、空振りすることになれます。

Sponsored Links

ストロークとパワーコードへのコメント

コメントを残す

メールアドレスは非公開です。

必須
必須

関連記事

よく読まれている記事

サイト内検索
Sponsored Links